第1章 比較
第4節 用法違い
第1項 材源

シェイクスピアの時代、このように材源の大部分を借用して改変を加えたものを自身の作品として発表することは、むしろ当たり前のことであったらしい。

更には、シェイクスピア作品を下敷きとして改変を加えた後世作品も多数ある。前後に挟まれてなおシェイクスピアが至高とされる理由は、既にの述べたように人物描写の深さにあった

シェイクスピア作品における材源からの借用度合いを、現代の基準で評価すれば、さすがに盗作とか剽窃と非難されてしまうことだろう。

だが、「材源」を積極的に利用することで、より高度で複雑な物語を創作し得たという意味において、「材源」は極めてポジティブなイメージを持つ。

第2項 用法違い

『機動戦士ガンダムUC』
第1巻P-33
(リカルド・マーセナス 改暦セレモニー演説)
「宇宙世紀。ユニバーサル・センチュリー。字義通りに訳せば「普遍的世紀」ということになります。宇宙時代の世紀であるなら、ユニバース・センチュリーとするべきでしたが、我々は敢えて用法違いと思われる「普遍的」を選び、新しい世紀の名前としました。」

スティーブ・ジョブズ 神の交渉力
著:竹内 一正

つぎにジョブズは、アップル再生の新キャンペーンを始めた。「Think different」(発想を変えよう)だ。(中略)
ただし、このキャッチフレーズは文法的に正しくない。differentではなくdifferentlyが普通だ。だが、ジョブズには文法など重要ではなかった。フレーズの最後が-lyなんかで終わっていたら、インパクトがないからだ。

というわけで、用法違いであるかもしれないが、両者に敬意を込める意味で、本稿でも「材源」という用語を使う。


スティーブ・ジョブズ神の交渉力

blogramのブログランキングにほんブログ村 アニメブログ ONE PIECEへ

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

かつて栄えた王国


ふしぎの海のナディア
《M78星雲》


天空のエスカフローネ
《ガイア》


百億の昼と千億の夜
《アトランティス》

空島


天空の城ラピュタ


ガリバー旅行記

おすすめ考察本


ワンピース探究王


東大生が読み解くワンピース伏線考察


ワンピースキャラクター最強考察


ワンピース最強考察Z


『ワンピース』の掟


ワンピース最終研究 5 『偉大なる大伏線』から導き出せる新世界の謎

一つなぎ


機動戦士ガンダムUC


ONE PIECE


新世紀エヴァンゲリオン


逆襲のシャア


ふしぎの海のナディア


天空の城ラピュタ


風の谷のナウシカ


伝説巨神イデオン

赤髪のシャンクス


赤髪のシャンクス


赤い彗星
シャア・アズナブル


赤い彗星の再来
フル・フロンタル